ペルーの奇跡「キャッツクロー」

キャッツクロー
キャッツクロー

「ペルーの奇跡」と呼ばれるキャッツクローは南米ペルーの標高400~800mのアマゾン奥地に自生するナチュラルハーブです。ペルー以外の中南米の熱帯地域にも自生していますが、その中でもペルー産が最も良いといわれています。インカ帝国時代よりはるか以前から、アマゾンの先住民族によって万病薬として愛用されてきました。

キャッツクローは大きく分けると2種類あり、ウンカリア・トメントーサとウンカリア・ギアネンシスがありますが、世界的な研究によると、ウンカリア・トメントーサの方が優れている、本来の力があるとされています。moon cafeで提供するのはウンカリア・トメントーサです。

キャッツクローは1994年、WHO(世界保健機構)が薬用植物として公式に認定しています。オーストリアではリウマチ処方薬として使われ、高い評価を得ているそうです。1986年チェルノブイリ原発事故による放射線被ばく者の治療に正式に採用されました。

身体の免疫機能の微妙なバランスを調整してくれるため、「黄金のさじ加減」または「神様のさじ加減」とも呼ばれているそうです。ペルーカシボ族では「体を正常な状態に戻す万能薬」として古代より使われてきたそうですが、「体を正常な状態に戻す」とはこの免疫機能の調整ではないでしょうか。身体だけでなく感情の安定化も促します。細胞を若返らせる強力な効果についても注目されています。

moon cafeでお勧めするキャッツクロー純皮茶は、キャッツクローの蔓から樹皮を剥ぎ、外皮をきれいに落とし、内皮の部分だけを乾燥させて、1片7~10グラムの大きさにカットした、とてもシンプルなものです。何も手を加えないこの素朴な純皮茶が一番自然で、キャッツクローの本来持つ力を完璧な状態で持っています。

ペルーでは、キャッツクローを煮出したお茶が究極の効能を持った万能薬湯として飲まれています。樹皮を1片、約1リットルの水に入れて沸騰したら弱火で20分程煮出してください。温かくても常温でも、冷たくしてもお召し上がりいただけます。クセがなく、とても飲みやすいお茶です。

免疫力増強、免疫システムのサポート、腫瘍抑制、抗感染症、抗炎症、抗酸化作用があるとの研究発表がありますが、ネットで多くの情報が手に入りますので、興味のある方は是非検索してみてください。購入された方にはmoon cafeで用意した資料をメールで送らせていただきます。


キャッツクローを購入された方の感想 >>

キャッツクロー

キャッツクロー純皮茶
キャッツクロー
3,800円(税込3,990円)

 

   

原材料キャッツクロー (ウンカリア・トメントーサ) 内方樹皮100%
内容量300g
生産地ペルー ウカヤリ県
有機認証野生
輸入者NPO法人アルコイリスAA

mail ご注文はメールでも受け付けております。